31959255_1492942967495721_1724000993600864256_o
31131077_1477789415677743_8058221647959687168_n
o1440108014185886093
31947945_1491423120981039_2075182722589917184_o
o1440108014185886140
スクリーンショット 2018-05-16 15.17.54
スクリーンショット 2018-05-16 15.18.16
31958840_1492943010829050_5831100364169936896_o
31964201_1492942920829059_8921647079617462272_o
31073094_1478830898906928_1607792574574100480_o
o1440108014186863808
29342667_1445939245529427_6863015992755224576_n
29356765_1445939392196079_6043728097457471488_n
29216347_1442951519161533_307223816751284224_n
29314031_1444063335717018_1496927326791794688_n
29425573_1445939338862751_1004658344490696704_n
29186269_1529386207170226_438267675588689920_n
29468987_1624747547609587_2863159558975520768_n
29386174_1624747630942912_3930046074005225472_n
29433223_1624747590942916_5648935231890128896_n
29343099_1444906022299416_1728194019848093696_n
29313791_1444905995632752_2911002196118077440_n
29342368_1445939298862755_6779016628697825280_n
29258082_1444063509050334_6919878177183498240_n
29313342_1444063402383678_4792759992790810624_n
29314181_1444906062299412_8488800138087628800_n

Shadow Work 2018

スキマチイワキmeeting vol.14
テッペンカケタカ
〜綱木・クマガイソウの物語

いわきアリオス×SEA WAVE FMいわき企画「スキマチイワキ」で、福島県いわき市田人にある綱木集落にて影絵制作。

 

故人である村の男性が、奥様が亡くなられたことをきっかけに裏山に野草「クマガイ草」を植えた。何年にもわたり株分けを続けた結果、3万株(非公式には5万株とも言われている)を超える花畑になり、小さな集落に観光客が集まるようになった。

 

このクマガイソウにまつわる物語を製作するため、2018年3/16〜20まで綱木集落で調査。村に伝わる伝承とご神木の桜の木の物語を中心にクマガイ草が植えられた由来を想像するファンタジーを制作。5/6いわきアリオス、5/7に綱木集落にて公演。

あらすじ------------

綱木の村に住むホトトギスの文太は、山の神から頼まれごとをする。

 

「綱木の村に植えられていた桜のご神木が倒れて久しい。新しいご神木が必要だ。」

 

ホトトギスの文太最近奥さんを亡くした村人のナガオさんに新しいご神木を植えるよう伝えるが、ナガオさんや村人たちには文太の言葉が「テッペンカケタカ」としか聞こえない。困り果てる文太は、昔桜の木が植えられたことを回想する。

----------------------

昔々、綱木の村で大きな火事があった。村人たちだけでは消せないほど大変な火事だったので、山の神は近くのタケガラ山に住む天狗に頼んで雨を降らせ、なんとか火を消し止めた。しかし、かわいそうなことに村に住んでいた娘が、この火事で両親を亡くしたどころか顔に大火傷を負ってしまい家に引きこもってしまう。ホトトギスの文太は、山の神に

「大きな桜の杖を持つ聖が火傷の娘を救うから連れてこい」

と頼まれる。四国から旅をして来たその聖は、文太に誘われ娘の家まで来るが、娘は火傷の跡を見られたくないと家の戸を閉ざしたままである。聖はタケガラ山の天狗に相談に行き、山の神の居場所を教えてもらう。聖が山の神の住処で瞑想すると、地面が光りだす。聖は持っていた桜の杖で光る地面を掘るとそこから美しい泉が現れた。娘は泉の水を浴びると、火傷が跡形もなく消えてしまった。聖は桜の杖を泉の印としてそのまま置いて村を去って行った。村人たちは泉のあった場所に井戸を作った。聖が植えていった桜の杖が大きな桜の木に成長し、井戸のご神木となった。

----------------------

ぼんやりと昔のことを思い出している文太のところに、ナガオさんが戻って来た。亡くなった奥さんが裏庭で育てていたクマガイ草をたくさん抱え、桜の木があった森〜山の神が暮らしている場所〜植え始めた。ホトトギスの文太は自分の言葉が通じているのかと思ってナガオさんに呼びかける。テッペンカケタカ、テッペンカケタカ

テッペンカケタカ 綱木の村の

熊谷草の 山の中

聖 杖つき 桜が 咲いた

井戸のお印 ご神木

山の神さま 喜んで

見渡す限りの花畑

テッペンカケタカ 綱木の村の

熊谷草の 山の中

  • ホワイトFacebookのアイコン
  • ホワイトTwitterのアイコン
  • ホワイトInstagramのアイコン

© 2018 by Koheisai Kawamura